スポンサードリンク

結婚線から見る結婚時期とは?

手相占いの中で、結婚線と呼ばれているものがあります。

女性はこの「結婚線」をご存知の方、多いんじゃないでしょうか?
占いの本とか雑誌で、よく出てきますよね。

その結婚線のある場所ですが、小指の付け根の下、感情線という
手相の上にある短めの線のことを結婚線といいます。

人によっては、長く伸びて他の線とつながっている、
なんてこともあるみたいです。


結婚線というと、結婚の時期を予測するものだという印象が
あるでしょうけど、必ずしもそうではないようです。

恋愛・浮気なども表れるし、結婚線の数は恋愛の数と言えます。
さらには、結婚線の長さや太さによっても変わってきます。

結婚線の持ち主のお相手への愛情の大きさを表しているようなので、
結婚線が太く長い場合には、結婚にいたることが多いという意味で
解釈し、「結婚の時期を予測できる」と言われてるんです。

ですから、結婚線が1本もない、という場合は、
結婚ができないということでもありますが、
恋愛のチャンスがないということにもなります。

恋愛がないんだから、結婚には至らないということになるようです。


結婚の時期を詳しく正確に知ることは難しいです。

結婚線が感情線側にあったなら、早い結婚になるし、
小指側にあったら遅い結婚と、おおよそにしか分からないんです。

結婚線がなければ、さっきも言ったように結婚には至りませんが、
結婚線があったとしても、その結婚線に縦の線が入って
格子状になっていると、結婚はまだ先だ、というふうにも
とらえられます。

あなたがまだ結婚したいパートナーに出会っていないか、
自分はまだ結婚しなくてもいいと思っている時は、
このような格子状の結婚線になるようです。

結婚線とは変わりやすいものです。
パートナーが見つかれば、この手相の縦の線は
すぐになくなっていくようです。


男性の結婚線

結婚線というのは、まさに結婚についての手相です。

この手相は、男性よりも女性の方が興味がある方が多いかと思いますが、
男性にだって「結婚線」に興味がある方は、もちろんいらっしゃると
思います。

そこで、今日は男性の結婚線についてお話しますね。

では恋愛のチャンスが少ない男性、または結婚ができにくい、
もしくは結婚運が悪影響を及ぼす男性の手相についてみてみましょうか。


手相で、結婚恋愛を表す相と言うと、結婚線や感情線、パートナー線、
印象線、などさまざまな線があります。

これらの線の、それぞれの状態を総合して出される意味が悪ければ、
結婚や恋愛のチャンスにあまり恵まれない、と言えるでしょう。


まずは、結婚線の状態について。

結婚線そのものがない人や、もしくは結婚線が短い人。

結婚線がない場合は、結婚のチャンスがとても少なく、
また結婚したとしてもお相手との縁が薄く、苦労する場合が
多いようです。

そして、結婚線の始まり部分に島のようなものがあったり、
Yの字に枝分かれしたりしている場合は、結婚に至るまでに
周囲や家族からの反対など、いろいろな障害に阻まれ、
とても苦労することになるようです。

また、結婚線が格子状になっているケースは、独り身の生活が
とても長く続くと言われています。


だからと言って、いま結婚線がこういう状態だからといって、
それがずっと続くわけではありません。

手相は良くも悪くも変わるんです。

本人の努力しだいで、手相とは変化するものです。


あなたご自身が、結婚したいと強く願うようになって、
いろいろな面で変わってくると、手相も同じように変わってきます。

同じように、その後、結婚できたからと言って何もしなければ、
結婚線は、また悪い状態を表すものに変化してくるのでご注意を。

結婚生活とは、あなた1人だけで成り立つものではありませんよね?

常にお互いに幸せになる努力をしていないと、
良い結婚生活というものは送れないものです。

あなたとパートナーさんの、お互いに思いやる気持ちは
いつだって必要なんですよ。
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。